CATEGORIA カテゴリー

Sant Ambroeus サンタンブロウズ

September 5, 2018

イタリア人に欠かすことができないBAR(バール)文化。

 

バールは、日本でいうバーとはまた違い、お酒も飲める喫茶店といったところでしょうか。朝から晩まで、それぞれのタイミングでバールに通い、食事や休憩そしてバリスタとのおしゃべりを楽しむのがのイタリア人のライフスタイル。

 

 

例えば、朝食はカウンターでクロワッサン(イタリアでは、ブリオッシュやコルネットと呼ばれる)とカプチーノ。仕事の合間にはカフェ(イタリア語の"Caffè"=エスプレッソ)を飲んで休憩したり、お菓子やケーキを手土産に買って帰ったりします。ちょっとした打ち合わせやランチはテーブル席でゆっくりと、そして仕事の後には軽く1杯お酒を飲んで、店員や常連客と立ち話をしてから家路につく。

 

これだけでもイタリア人がいかにいろいろな場面でバールに行っているかが分かりますよね。

 

 

そんな彼らの毎日に寄り添い続ける老舗バールとして今回紹介するのは、1936年、"Pasticceria" パスティッチェリア(お菓子屋さん)としてオープンしたサンタンブロウズ。

 

ミラノの守護聖人"Sant Ambrigio"サンタンブロージオをロンバルディア州の古典的な言語(方言)で記した"Sant Ambroeus"という名が付けられ、カフェテリアやレストランへと形態を広げながら、約80年という歴史を積み重ねてきました。

 

 
外観は落ち着いた深緑色で統一され、中に入ると、大きなシャンデリアに黒い大理石のカウンター、スーツ姿でビシッと決めたバリスタ達が出迎えてくれます。

 

ショーケースに並ぶお菓子やケーキは、どれにしようか目移りしてしまうほどひとつひとつが美しく種類も豊富。カフェテリアでゆっくり座って味わってみるのもまたひとつの楽しみです。

​​

 

イタリアで、現地の生活を体感するのにオススメなのは間違いなくバール!カウンターでエスプレッソを注文し、飛び交うイタリア語のおしゃべりを聞いていたら、気分はすっかりイタリアーノ? ぜひお試しあれ!


Sant Ambroeus サンタンブロウズ


営業時間:7:45〜20:30(月〜土) 8:45〜20:30(日祝)
住所:Corso Giacomo Matteotti , 7 , 20121
TEL:+39 02 7600 0540
アクセス:San Babila サンバビラ駅 (地下鉄赤線)から徒歩2分

 

HPFacebookInstagram

 

MAP

 *店舗情報については変更になる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

L'ULTIMI ARTICOLI 最新記事

October 11, 2018

May 31, 2018

Please reload

Please reload